ジューンブライドの結婚式で入籍。おすすめの6月の結婚式の結婚式場・日取りは?

bride 510841 640 - ジューンブライドの結婚式で入籍。おすすめの6月の結婚式の結婚式場・日取りは? 夏(6月ー8月)

ジューンブライドって憧れますよね。その時期に結婚式を考える人が多いのかなと思っていたら、雨が多い時期でもあってそこまで高くはないんです。そんな時期だからこそ演出できるテーマで思い出に残る結婚式を挙げたいですね。

ジューンブライドの意味・由来。

6月に結婚式を挙げる花嫁のことをいい、欧米では6月に結婚すると幸せになれるといわれており、日本でもら取り入れられるようになりました。その由来には、一つは結婚をつかさどる女神であるヘラが、6月を守護しているからというもので、6月に結婚式をするとヘラの加護で幸せになれるといわれます。
また、昔にヨーロッパでは3~5月には農業で忙しく結婚が禁じられており、6月に挙式する人が多かったからということも。他に、ヨーロッパでは6月は長い冬が明けて花が咲き始める時季で、世間で明るい雰囲気になります。雨が少なく気候も安定し、復活祭など各地で祭事が行われます。
日本では1967~68年に、ホテル業界やブライダル業界がジューンブライドを打ち出したのがきっかけといわれています。

ジューンブライド、6月の結婚式は高い?

結婚式のロウシーズンは、冬(12-2月)と夏(7・8月)です。結婚式のハイシーズンは、春(3-5月)と秋(9-11月)で、6月は安くもなく、高くもない感じです。
ジューンブライドには、「6月に結婚式を挙げた花嫁さんは幸せになれる」という意味で人気ですが、ちょうど梅雨の時期でジメジメしているため、避ける人も多います。
結婚式の費用が年間を通じて低めになっているので、費用をおさえたい時にも良いですね。
結婚式場によっては特典や割安プランなどがあります。

ジューンブライド、6月の結婚式場

結婚式場を選ぶのもなかなか時間がかかります。二人で相談してゆっくり決めたいですね。花に囲まれたナチュラルウェディング、有名シェフのおいしい食事にもこだわったウェディング、やっぱり格式にこだわった協会でウェディング他、チョイスはいろいろですね。

bgt?aid=191222605845&wid=010&eno=01&mid=s00000019722001053000&mc=1 - ジューンブライドの結婚式で入籍。おすすめの6月の結婚式の結婚式場・日取りは?0 - ジューンブライドの結婚式で入籍。おすすめの6月の結婚式の結婚式場・日取りは?

ジューンブライド、6月の結婚式の日取り

2020年の6月で縁起の良い週末は6月7日(日)先勝、6月13日(土)先勝、6月21日(日)大安、6月27日(土)大安で6月の結婚にいい日になっています。

ジューンブライド、6月の結婚式の花・花言葉

6月の花、アジサイ(紫陽花)は、小さな花が丸くなってまとまった花で可愛いですね。色も青や紫、ピンクなどの鮮やかな色で見る人を癒してくれます。ジューンブライドの花としてはもちろん、季節を問わず結婚式に人気がある花です。
アジサイの花言葉は、乙女の愛、家族団らん、辛抱強い愛で結婚式の花としても良い意味があります。

ジューンブライド、6月の結婚式のテーマ・演出

結婚式のテーブルを6月の花(紫陽花)で飾るのも良いですね。 雨の時期ですが、それもうまく使ってアジサイや水を連想させる室内でのテーマやデコレーションも素敵です。6月らしさがでますね。

ジューンブライド、6月の結婚式

他にも準備することはいろいろです。フォト・ビデオ・ブーケ・指輪・ドレス・タキシード・着物などもあるかもしれません。結婚式場の準備を任せられれば他に時間をかけられます。うまく予算と時間を使いましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました